sailing day - ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblog -

ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblogです。

f4samurai BOUNO!パーティを振り返って


弊社のクライアントである株式会社f4samurai様主催の交流イベント「BOUNO!パーティ」が、昨日(7/18)開催され、無事記念すべき第1回を終えた。弊社は、あえて格好良く言えばプロデューサー的な立ち位置で、BOUNO!パーティの開催のお手伝いをさせて頂いた。


BOUNO!パーティ開催の目的は、大きく2つある。

1つは、社員交流の活性化だ。同社のタイトル「アンジュ」や「ボーダーブレイク」の大ヒットにより業績が非常に伸びていることを背景に、社員数が急増している。そういった状況の中で、基本的にはタイトル毎のチーム単位で業務上のコミュニケーションをとるため、チーム横断での「横の繋がり」を創る機会が少なくなってきたという状況があった。

2つ目は、リクルーティング手法の多様化だ。イベントをフックに、社員の知人やその知人、あるいは外部のゲストを招いて会社・社員のことを知ってもらい、採用に繋げていくというものだ。◯ナビや◯リーチのといった、いわゆる転職媒体だけから十分な採用ができる程、現在のWeb業界、特にゲーム業界の採用事情は甘いものではない。実際に、DODAの直近のレポートによれば、IT/通信業界の有効求人倍率は2.41であり、全業種で最も高い数値となっている。こういった状況のため、知人紹介制度の定着化を視野に入れつつ、そもそも母数としての応募者数を増やすべく、BOUNO!パーティー開催をサポートさせて頂いた。


誰も(弊社も)経験したことのない中で、f4samurai様と手探りで諸々(ネーミングからコンテンツ、名札まで)準備し、外部ゲストを迎えて当日のコンテンツが進行していき、金社長の感動的な!ご挨拶をもって会を締めた後も、その熱気の余韻で数十分間はゲストや社員同士の交流が続いていたのは、振り返ってみてもとても印象的であった。



弊社は中途採用のエージェントだけれども、こういった形でリクルーティングに携わられて頂けたのは、金社長を初めとする経営陣の皆様のご理解とご協力のお陰でしかない。改めて御礼申し上げたい。ぜひ継続的にBOUNO!パーティを開催して頂き、候補者に良い出会いの機会を創らせて頂ければと思う。
※8月開催の準備を進めています!