sailing day - ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblog -

ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblogです。

(本の紹介)イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」


「根性に逃げるな」

という見出しが印象的なこの本を最初に手にとってから、もう半年位が経ったと思いますが、
既に3回は読んでいます。
内藤忍さんのレビューにあるように、読めば読むほど深い本で、
学びが詰まっている傑作だと思います。


論理的な考え方、思考法、○○シンキング系の本が大好きな自分ですが(笑)、
この本を読んで以来、その類の本は読まなくなり、本書の内容を実践に移しています。
(実際に、仕事の成果に繋がっているように思います)
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%88%E2%80%95%E7%9F%A5%E7%9A%84%E7%94%9F%E7%94%A3%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%81%AA%E6%9C%AC%E8%B3%AA%E3%80%8D-%E5%AE%89%E5%AE%85%E5%92%8C%E4%BA%BA/dp/4862760856

「バリューのある仕事とは、イシュー度と解の質の高さによって決まる。」
※イシュー=「いま、この局面でケリをつけるべき問題」

どの問題が、成果を生み出すにあたり、最もクリティカルなものなのか、
その選定が最も重要だと繰り返し主張されています。

転職エージェントビジネスで言えば、

「決まる案件」に対して、「決まる人」を探して、「マッチングする」

というシンプルな(だけど奥深い)プロセスの中で、いかに生産性を上げるかということになります。

80:20の法則(投入、原因、努力のわずかな部分が、算出、結果報酬の大きな部分をもたらすという法則)
と近しい印象を受けますが、「それをどうやって成果に繋げるか」についての
具体的な方法論について詳述されているのは、「イシューからはじめよ」の
大きなバリューかと思います。