sailing day - ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblog -

ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblogです。

優秀な人事とは?

外資系大手転職エージェンシーのヘイズ社が、通例の転職状況レポートを発表した。

こう見ると、ほぼ全般的に採用ニーズが回復しているように見える。特に、直近では日系企業の幹部ポジションで決定実績が伸びているようだ(某エグゼクティブ特化型メディアより)。

採用ニーズが高まっていることを読み解くポイントとしては、1つはもちろんエージェントに入ってくる案件の数が増えているということがあるが、それ以外では、たとえば中途採用担当の人事職の案件が増えていることが挙げられる。

成長企業、またはこれから変革を考えている企業にとって、いかにして優秀でフィット感の高い人材を採用するかは、最も重要なイシューの1つである。その際、中途採用の経験をもつ人事は、必要不可欠となる。IT系企業であれば、エンジニア採用経験はほぼ必須であるし、ターゲット候補者にどうアプローチすれば良いかを理解している人は、ニーズが高い。転職エージェントはその辺りの知見を有している場合があるので、そういった方も対象となっている。

優秀な人事とは、経営目線で必要な人事・組織面での企画提案・実行ができる人である。じげん社の子会社であるにじげん社の社長は、じげん社で経営企画人事担当を行っている翠氏だ。詳細は、経営者人事対談をご覧頂きたいが、平尾社長は経営目線でソリューションを提案し、成果をあげた人材を高く評価している。

一方で、経営サイド・事業部サイドから降りてきたJDを良く理解もせずエージェントに渡すのみ、といういわば「オペレーター人事」も多々いらっしゃる。エージェントにって、クライアントの窓口が誰かということは非常に重要なポイントだから、こういったオペレーター人事は出来るだけ遠慮したいものだ。