sailing day - ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblog -

ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblogです。

うつ病と転職市場

4/29(日)のNHKスペシャルは、”新型うつ病”の特集が組まれていました。

NHKスペシャル「職場を襲う“新型うつ”」

従来のうつ病と何が異なるのかについては、健康増進法ブログさんが詳述していますが、
大きく以下の点が特徴的です。

新型うつ病とは、会社での仕事中には強い抑うつ症状が出るので、「うつ病」と診断されるが、仕事以外では活動的なので、”なまけ”と見られがちな人の場合をいいます。
新型はチャラチャラした人が患うことも多く、原因が本人の考え方や性格にあるため、治療は難しいということです。

主に20〜30代の若手層に表れる傾向があるそうです。なお、番組内では、対処方法について明確な答えは出ていませんでした。

ところで、転職エージェント業を行っていると、うつ病が原因で退職された方と
お会いすることもしばしばありますが、果たして彼ら/彼女らの転職市場(採用企業側)
の評価はどのようなものであろうか。

結論から言えば、かなりシビアであるというのが現状です。
採用企業側としては、他候補者と相対評価のもと、エージェントに少なからぬフィーを
支払ってまで、うつ病というある種の「リスク」を抱えた人材を採用する
インセンティブは、よほどのことがない限り働かない、という訳です。

しかしながら、今回のNHKの番組では、上場企業2,000社へのアンケートで65%に新型うつ病の社員がいるという回答もあり、もはや現代病としての様相が浮き彫りになっています。

今後、採用企業側には、うつ病に対する理解の向上が求められますし、
我々エージェントとしても、その理解を促す努力がますます必要になってくると思います。