sailing day - ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblog -

ベンチャー企業で事業開発に奮闘する井口和宏のblogです。

採用全般

「大企業とベンチャー、どっちの方が成長できると思いますか?」

だいぶ久しぶりのエントリとなってしまい、その間自身のミッションも少し変化しているのだが、それはまた追って書くとして。僕は暇があるとカフェに籠っているのだが(というか基本カフェに居る)、最近はやはり就活シーズンだからか、履歴書やエントリーシ…

Candidate Experienceとは何か? Candidate Experienceの視点が採用に求められる理由

Candidate Experienceという言葉を聞いた事はお有りだろうか?アメリカのリクルーティング業界ではバズワード的に流行り始めている概念の一種で、Candidate Experience Awardというセレモニーなどもあるようだ。本エントリでは、What、Why、Howの観点から、C…

「求人ってウソつきの業界」とは一概には言えない。

Startup Asia Tokyo 2014でのビズリーチ南社長の講演内容の編集記事を読んだ。タイトルは「求人ってウソつきの業界ですね」である。編集に悪意を感じる部分も多々あるが、それを差し引いても、人材業界に携わる者として「ウソつき」呼ばわりされるのは解せな…

「おいしい案件」とは何か?

世の中には大量の求人案件が出回っているが、エージェントから見て「良い案件」、通称「注力案件」または「おいしい案件」とは何だろうか。「おいしい案件」とは、売上(=採用決定)に繋がりやすいと思われる案件だ。その観点から、①案件の魅力度 と ②採用…

f4samurai BOUNO!パーティを振り返って

弊社のクライアントである株式会社f4samurai様主催の交流イベント「BOUNO!パーティ」が、昨日(7/18)開催され、無事記念すべき第1回を終えた。弊社は、あえて格好良く言えばプロデューサー的な立ち位置で、BOUNO!パーティの開催のお手伝いをさせて頂いた…

40~50代の採用ニーズが強い企業はどこか?

少し前になるが、DODAさんが恒例の転職求人倍率レポートを発表している。基本的には、全業界にわたって採用意欲は旺盛なようだ。しかし、当然ながら採用ターゲットは若手(35歳未満)に集中しているのが常だ。じゃあ、40~50代の採用ニーズはどんな状況なの…

某社で教わったWeb業界ポジショニングマップが秀逸だった件

Web系企業 ポジショニングマップ先日、極めて高い利益率を誇る某Web業界の巨人に訪問し、人事責任者の方からざっくばらんにお話を伺う機会があった。その際、弊社の優秀なコンサルタントからの「D社やK社といった技術力の高い企業との立ち位置の違いは?」と…

就活コンテンツ 『就活ファール!』 がクソ面白い件

外資金融・コンサルに続き、ベンチャー企業の就活がそろそろ本格化する時期だが、たまたま就活ファール!というWebサイトを拝見する機会があった。これがとても面白い。就活を控えている学生に対して、面接のシミュレーションを通じて「面接のプロ3人衆」が…

経歴詐称の転職候補者にご用心

今回は、過去にお会いした、まさかの経歴詐称の候補者について、可能な範囲でお話しようと思う(一部デフォルメしている)。過去に、Yさん(30代男性)という候補者の方と、面談の機会があった。 Yさんの経歴はピカピカで、・地方では有名な、偏差値の高い高…

ベンチャーの就活で三種の神器をアピールするのは辞めよう

僕は、中途採用のエージェントとして働く傍らで、今年は自社の新卒採用も一部やらせて頂いている。多くの学生さんの「自己PR」を伺うなかで、やはり多いのは所謂「就活の三種の神器」、つまり「サークル」「アルバイト」「ゼミ」に関する話だ。先日は、面接…

「頷きすぎ」で最終面接に落ちないために、自分のクセに気づくべきだ。

先日、Aさん(大手日系企業の労務担当者)と面談の機会があり、これまでの経験、今後やりたいことなどのお話をお伺いしていた。その方のコミュニケーション自体はしっかりしているものの、僕はなぜか面談の途中から妙な聴き心地の悪さを感じるようになってい…

【コンサルティングファーム出身者限定】元GE人事リーダーが語る、事業会社で飛躍するためのキャリアパス構築セミナーのご案内

この度、国内外コンサルティングファームご出身(在籍)の方を対象に、下記のようなセミナーを開催いたします。ぜひ、通常では高額料金が発生する講師を招いての【少数限定・無料セミナー】ですので、ぜひご参加くださいませ。-----------------------------…

優秀な人事とは?

外資系大手転職エージェンシーのヘイズ社が、通例の転職状況レポートを発表した。こう見ると、ほぼ全般的に採用ニーズが回復しているように見える。特に、直近では日系企業の幹部ポジションで決定実績が伸びているようだ(某エグゼクティブ特化型メディアよ…

外資系スタートアップ案件にアプライされたい方へ

転職エージェントとして日々様々な方とお会いしていると、特にWeb系の方からは「強いプロダクトorサービスを有する外資系スタートアップの案件はありませんか?」と尋ねられることがしばしばある。もちろん、そういった案件もあるが、なぜそれに興味があるの…

就活生の「将来起業したいです」というベンチャー企業への入社志望動機が残念な件

世間一般では就活のピークは過ぎているが、名の知れないベンチャー企業では、大手企業の新卒選考が終わったあたりから、採用を本格化されることが多い。大手と同じタイミングで採用活動をはじめても、安定志向が強まる現在では、ほとんどの優秀な就活生には…

内定辞退

この業界に携わっている方で、「辞退」という言葉が好きな人はおそらくいないでしょう。キャンディデイトがオファーを辞退する背景は、オファー条件、自身のミッション、会社の魅力など多岐にわたりますが、辞退するケースは、3つしかありません。ほぼ同時…

ヘッドハンティング

現状、私は(登録型の)転職エージェント業をメインに行っていますが、クライアントよりリテーナー(着手金)を頂いて該当人物をスカウトする、いわゆるヘッドハンティング型のサーチも一部で行っています。 そんな中で、ヘッドハンティングとは何ぞや?とい…

日本独自のシステム 新卒一括採用の今後

本日のWall Street Journalでは、アメリカの新卒学生の就職状況について、以下のように記載しています。2009~11年度に大学を卒業した者のうち卒業後1年以内に正規雇用先を見つけた者は49%にとどまり、06~08年度の大卒者の場合の73%から大幅に低下した。…

うつ病と転職市場

4/29(日)のNHKスペシャルは、”新型うつ病”の特集が組まれていました。NHKスペシャル「職場を襲う“新型うつ”」従来のうつ病と何が異なるのかについては、健康増進法ブログさんが詳述していますが、大きく以下の点が特徴的です。新型うつ病とは、会社での…

リブセンスが成功している2つの要因

先日WBSにも出演されていた、リブセンス社村上社長のインタビューです。リブセンス村上社長インタビュー自分と同世代として、非常に刺激を受けているわけではありますが、個人的には、リブセンスが成功している主な要因は、2つあると思っています。1つは、…